jQueryのCrossSlideで表示する写真を差し替える方法(WordPress)

CrossSlideの写真の指定

jQueryのCrossSlideで表示する写真はJavaScript内で直接指定できるし、その方が簡単である。

が、WordPressサイトの場合は、

・管理画面の「外観-ヘッダー」でヘッダー画像を複数枚アップロードする
 →「アップロードした画像」に追加される

・「ランダム」を選ぶ

とすると、「アップロードした画像」を対象としてCrossSlideしてくれるように設定できる。
(参考:WordPress実験中! » ヘッダー画像のスライドショー

このときの写真を差し替える方法は以下の通り。

※ユーザーに引き継ぐと、自分で差し替えてもらえる

「ヘッダー画像を削除」ボタンは要注意

「アップロードした画像」の削除したい写真を選択して「ヘッダー画像を削除」をクリックしても、その写真を削除したことにはならない。

そのときのヘッダー画像が、ヘッダー画像でなくなるだけのようだ。
「アップロードした画像」にも残ったまま。
これではCrossSlideの対象から外れてくれない。

メディアライブラリーで削除

従って、「メディア-ライブラリ」でその画像を完全に削除するしか方法がない。
こうするとさすがに「アップロードした画像」からも外れてくれる。

※同じ写真をヘッダー以外でも使っている場合は表示されなくなるので別途対応が必要

アップロードは「外観-ヘッダー」からが便利

新規にCrossSlideに加えたい写真は、「外観-ヘッダー」からアップロードする。
ここからアップロードするとメディアライブラリーで見たときに「 – ヘッダー画像」という注釈が付くのでわかりやすくなる。
(メディアライブラリーからアップロードすると付かない)

もちろん、「メディア-ライブラリ」からアップロードして、それを選択する方法でもよい。

最後に、「外観-ヘッダー」の「ランダム」を選択すると差し替え完了。

まとめ

CrossSlideの写真をWordPressのヘッダーのランダム指定しているときの差し替え方法

・削除する画像はメディアライブラリーで

・追加は「外観-ヘッダー」でアップロードすると便利

・「ランダム」を指定して完了

(WordPress3.9で確認)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする